ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > いよいよ公演間近

いよいよ公演間近

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月11日更新
大西市長と座・東京みかんの皆さん

大西市長と座・東京みかんの皆さん
質問をする大西市長
稽古のようす
本番さながらに稽古をする劇団のメンバー
 10月11日(金)、演劇集団 座・東京みかんの劇団員が公演を前に大西市長を表敬訪問しました。 市役所を訪れたのは、構成・演出の田辺国武さんをはじめ主演の丸山ひでみさんら劇団員7人です。 はじめに座・東京みかんの田辺さんが、これまでの稽古の日程やようすを大西市長に説明しました。市民劇団員のようすはどうかという大西市長の質問に田辺さんは「稽古を重ねてきて自信を持ってきている。稽古のない日は、一人ひとりが個別に継続して稽古をしている。強い言葉を出せるようになっている」と劇団員の成長のようすを報告しました。 最後に大西市長は「本番がとても楽しみです。素晴らしい舞台を作り上げてください」と劇団員を激励しました。 なお、演劇集団 座 東京みかん・市民劇団員「金子みすゞの世界?こだまでしょうか 仙崎編?」は、10月13日(日)18時からルネッサながと「劇場」で開催されます。チケットは、当日券のみの販売で、全席自由・税込。入場料は、一般が1,000円、高校生以下が500円、未就学児が無料となっています。