ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 音信川のほとりで音楽を

音信川のほとりで音楽を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月26日更新
会場のようす

会場のようす
開演は16時から。周南市のムーンビームスの演奏
地元長門市で活躍する楽楽団
サブ会場のようす。宇部市のtrick station
多くの人が踊った福岡市からのbebop stars
 8月24日(土)、25日(日)、湯本温泉の温泉街を会場に、ジャズフェスタin長門湯本温泉が開催されました。温泉街の趣のある風景と音信川のせせらぎが聞こえる湯本温泉でジャズを楽しもうと今回で3回目の開催となりました。  サブ会場として予定されていた市営浴場恩湯下はあいにくの雨でホテルの山村別館ロビーに変更されました。  24日は開始後も雨がぱらつきましたが、熱心なファンや宿泊客が会場を訪れ、合計10組の演奏を楽しみました。市内出身の新宅由貴子さんもその歌声を響かせました。実行委員会では急遽客席用のテントを用意し、多くの人が雨に濡れずに音楽を楽しめました。  25日は、益田市からの参加予定グループが豪雨のため参加できず、急遽前日演奏を行った「be bop stars」が再び登場。親しみやすい音楽と楽しいトークで会場は盛り上がりました。この日は心配された天気も回復し、大勢の人が来場、用意されていたn-1グランプリ参加の出店を始め、地元の食材を使った多くの料理を楽しみました。  サブ会場となった山村別館では、来場者は空調の効いた涼しい環境の中での生演奏を楽しみました。