ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 村田清風をしのんで

村田清風をしのんで

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月26日更新
祓式(はらいしき)のようす

祓式(はらいしき)のようす
祝詞のようす
村田清風記念館のようす
旧宅ではお茶が振る舞われた
史談会のようす
 5月26日(日曜日)、村田清風記念館横にある清風神社で「清風祭」が行われました。 これは三隅出身で明治維新の基礎づくりに尽力した村田清風をしのんで、毎年清風の誕生日の4月26日に開かれているものです。今年は長門市議会議員選挙や参議院議員補欠選挙と重なったため、期日を変更して清風の命日に開催されました。 祭典では、大西市長や笠本県議、三輪議長をはじめ三隅地区の各種団体関係者が出席し、祝詞が上げられました。続いて、出席団体の代表が玉ぐしを捧げ、村田清風をしのびました。 祭典の後、村田清風記念館研修室で極楽寺前住職の池信宏證氏により「楫取素彦と三隅」と題した史談会が行われたほか、旧宅ではお茶会の接待が行われました。