ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市内企業に雇用確保を要請

市内企業に雇用確保を要請

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月14日更新
山根社長に要請書を渡す

山根社長に要請書を渡す
山根社長やヤマネ鉄工建設㈱の関連会社関係者に対し要請
山根社長のあいさつ
 5月14日(火)、大西市長と萩公共職業安定所中野正紀所長がヤマネ鉄工建設㈱と㈱アルミネを訪れ、来春の学校新卒者を採用することを要請しました。 これは、県の求人確保促進月間(5月)と連携して行われたもので、市内の雇用確保を図ることを目的としています。 市では、平成25年度の予算編成に当たって「雇用の場の創出・拡大」を第1のポイントとし、平成24年度から3年間の事業として「地域雇用創出事業」を継続実施しています。また、昨年10月に「ながと成長戦略検討会議」を立ち上げ、産業全般で雇用の場の創出を推進することとしています。 この日、ヤマネ鉄工建設㈱を訪問した大西市長は「16人も採用していただき、積極的に取り組んでいただいている。今後もさらなる配慮をお願いしたい」と要請しました。これに対して山根正寛社長は「市に背中を押していただき、ありがたく思う。引き続き支援をお願いします」と要請書を受け取りました。  なお、この他にも市内の約40社を市幹部が訪問し、地域雇用創出事業の積極的な活用と雇用確保を要請することとしています。