ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > どね~の青海島

どね~の青海島

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月13日更新
尻相撲はみんな初めて

尻相撲はみんな初めて
尻相撲に先立ち、女子相撲が行われた
防府市の関係者から尻相撲を習う
夏みかん早食い選手権のようす
夏みかんを自分で絞って飲む
 5月12日(日)青海島共和国建国祭「どね~の青海島」が開催されました。建国祭は今年で6回目で、恒例の夏みかん早食い選手権や各種バザー、フリーマーケット等が行われました。また、今年は女子相撲と女子尻相撲が初めて行われました。  女子尻相撲は、毎年7月に女尻相撲大会を行っている防府市の関係者がそのルールなどを説明。初めての大会ということで参加者は戸惑いながらも大会を楽しみました。  夏みかん早食い選手権は、賞金がでるということで、参加者は真剣に取り組んでいました。中にはむせる参加者もおり、見ていた来場者が声をかける場面もありました。  この日は五月晴れに恵まれ、来場者は青海島のおいしい農産物を味わったり、射的やパットゴルフを楽しんでいました。