ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日ごろの取り組みを披露

日ごろの取り組みを披露

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月20日更新
元気に成果を発表

元気に成果を発表
小学生によるダンスパフォーマンス
みのり保育園と東深川保育園の園児が歌とお遊戯を披露
美しい生け花の展示
展示のほか販売も行われた
 4月20日(土曜日)・21日(日曜日)、第35回長門市中央公民館まつりが行われました。 これは、同公民館で活動されている生涯学習グループなどが日頃の取り組みの成果を発表する場として毎年開催しているものです。 大講堂では、深川中学校吹奏楽部による演奏で幕が開け、銭太鼓や日本舞踊、カラオケやフォークダンスなど2日間で29団体が練習の成果を披露し、盛り上がりを見せていました。また、中央公民館の会議室やロビー、物産観光センターでは、写真や墨絵、パッチワークなどの作品展示が行われたほか、編み物や洋裁の作品販売が行われました。一方、ロビーや玄関前ではうどんやわたがしなどの出店があったほか、お楽しみ抽選ができるスタンプラリー、深川地区の歴史などが問題にされた深川検定などが催され会場は多くの来場者で賑わいました。