ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山温泉まつり

俵山温泉まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月22日更新
俵山中学校生徒による五人三番叟

俵山中学校生徒による五人三番叟
俵山幼児園の園児による町内パレード
俵山小学校児童による白波五人男
昔の佇まいを残す俵山温泉
20日は入浴料が無料となった町の湯
 4月20日(土)、俵山温泉街を中心に、恒例の俵山温泉まつりが開催されました。朝のうちは曇り空でしたが、まつりの開始後しばらくして雨が降り出し、予定されていた小中学生の町内パレードと子どもみこしは中止となりました。  雨が降る前には、俵山幼児園の園児による町内パレードは実施され、演奏する園児には温かい拍手が贈られていました。  お昼前からは、毎年上演される子ども歌舞伎が湯町区民館で行われました。この子ども歌舞伎は、俵山小学校と中学校の児童、生徒によって演じられるもので、中学生は「五人三番叟」、小学生は「白波五人男」に取り組みました。  会場はたくさんの住民や小中学生でいっぱいになりました。歌舞伎が始まると、口上が大きな声で述べられ、練習に取り組んだ成果を存分に発揮していました。 この日は町の湯が無料で入浴できるとあって、行列ができるほどの賑わいを見せました。  翌21日もよさこいやフラダンス、総踊りなどが行われました。 min-height: 19px