ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 草添山の登山道整備

草添山の登山道整備

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年12月13日更新
案内板を設置する児童たち

案内板を設置する児童たち
入口に設置された登山道地図
巣箱をくくりつける参加者
登山ルート
 12月11日(土)、日置の草添山で、千畳里山の会や日置小児童ら約50人が、登山道整備と小鳥の巣箱掛けを行いました。これは、県のこども自然共生活動推進プログラムの一環として実施されたものです。日置小児童らが夏休みや日置ふるさと祭りの時に制作した約20個の巣箱を登山道や麓の林道周辺の木にくくりつけました。登山道整備では、入口や道沿いに案内板を設置したり、鎌で草を刈ったりして歩きやすいように整備しました。草添山は標高517m。展望が素晴らしく、より多くの人に親しんでもらいたいという願いから、現在千畳里山の会によって整備が進められています。http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=utf8&hl=ja&brcurrent=3,0x35436792a587c66d:0x6d8e390c178fb1b9,0&msa=0&msid=200958426794740754364.00046c1b8fdaee729f561&ll=34.347449,131.124927&spn=0.006156,0.010729&z=17" target="_blank" title="草添山登山口位置図