ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 福祉施設に車いすを寄贈

福祉施設に車いすを寄贈

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年10月6日更新
贈呈された車いす

贈呈された車いす
贈呈式のようす
 10月6日(水)、(財)中国地方郵便局長協会は、油谷・日置地区の3ヵ所の福祉施設に車いすを贈りました。これは同協会が毎年行っている事業で、中国地方の福祉施設を対象に備品等の寄贈を行っているものです。今回はnpo法人グループホームひまわりに1台と、特別養護老人ホームの養寿苑とへき楽園に2台ずつの車いすが贈られ、各施設で贈呈式が行われました。 養寿苑で行われた贈呈式には、宇津賀・川尻・久津・伊上郵便局の4人の局長が出席し、養寿苑の森永瀧子自治会長に車いすを渡しました。宇津賀郵便局の垰村浩局長は「いつもお世話になっている地域の皆さんに、日頃のご愛顧へのお礼として贈らせていただきます。どうぞお使いください」とあいさつし、森永会長は「みんな喜んでいます。ありがとうございました」と応えました。