ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第6回長門市社会福祉大会

第6回長門市社会福祉大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年9月30日更新
式典のようす

式典のようす
表彰のようす
祝辞を述べる南野市長
三遊亭小遊三さんの講演
満席の会場のようす
 9月30日(木)、第6回長門市社会福祉大会がルネッサながとで開催され、関係者約800人が参加しました。これは、福祉関係者が一堂に会し安心して暮らせる健康福祉社会の実現をめざそうと、毎年社会福祉協議会が主催して開催しているもので、今年は老人クラブ連合会の福祉大会も兼ねて開催されました。大会では、長年、地域や各分野で社会福祉の増進に貢献した人たちの表彰や、寄附やボランティア活動に取り組んだ人たちへの感謝状の贈呈が行われたほか、「誰もが住み慣れた地域で、安心して暮らし続けることができるまちづくり」の実現をめざす旨の大会宣言の採択などが行われました。来賓としてあいさつに立った南野市長は、「少子高齢化社会への市民の関心は高く、健康で安心して社会参加ができるまちづくりに社会福祉協議会の果たす役割は大きい。引き続きあたたかいご支援をお願いしたい」と祝辞を述べました。大会後には、テレビ番組「笑点」でおなじみの落語家、三遊亭小遊三さんによる「笑う門には福来る」と題した講演が行われ、会場は小遊三さんの巧みな話術で笑いの渦につつまれていました。