ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市・下関市 市長会談

長門市・下関市 市長会談

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年8月31日更新
会談のようす

会談のようす
会談後、合意した振興策を発表する南野長門市長
会談をする南野長門市長(右)と中尾下関市長
 8月31日(火)、長門市と下関市の市長が長門市三隅の香月泰男美術館で会談しました。これは、長門市と下関市が広域的に連携することで、より効果的な事業を実施し、両市の振興につなげようと毎年開かれているものです。 今年の会談では、消防の広域化とjr山陰本線の利用促進について報告があり、次に両市沿岸域における「漁業資源回復プロジェクト」と「みすゞ交流プロジェクト」について協議が行われました。約1時間半にわたる会談後に行われた記者会見で、水産資源回復プロジェクトでは、両市が接する油谷湾でのキジハタ放流の実施や放流種苗の中間育成について両市が協力することなどが、みすゞ交流プロジェクトでは、長門市の仙崎と下関市の唐戸の子ども交流イベントの実施や両市小学生へのみすゞの詩の下敷きの配布、両市の観光ボランティアガイドの交流促進などの振興策が発表されました。また、来年香月泰男画伯の生誕100年を迎えることから、山口県立美術館、下関市立美術館、香月泰男美術館が連携し平成23年9月28日から歩調を合わせた企画展を実施することも確認されました。