ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 農産物等直売施設整備へ

農産物等直売施設整備へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月13日更新
会議のようす

会議のようす
委嘱状の交付
南野市長があいさつ
 7月13日(火)、長門市農産物等直売施設整備基本計画策定委員会の第1回目の会合があり、南野市長から委員に委嘱状が手渡されました。この委員会は、今年の2月に、ながと地域再生戦略会議から「農業活性化プロジェクト」として農産物直売所の整備の提言があったことを受け、これの実現に向けて施設整備基本計画を策定するために設置されたものです。委嘱状を交付した後、南野市長が「皆さまには、農業、漁業、そして消費者などそれぞれの代表の立場から、地域再生の道しるべとなるよう各課題についてご議論をいたたきたい。5ヵ月という短い期間での策定となりご負担をおかけするがよろしくお願いします」とあいさつしました。その後、委員長、副委員長の選任が行われ、委員長には長門大津農業協同組合常務理事の山下勝也さんが、副委員長には、長門農林事務所企画振興室長の米屋隆治さんが選出されました。今後委員会では、11月中旬を目途に4回程度の会議を開き、計画を取りまとめることにしています。