ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 韓国農家交流団そば打ち

韓国農家交流団そば打ち

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月1日更新
そば打ちのようす

そば打ちのようす
npo法人のメンバーが熱心にアドバイス
アドバイスは英語で行われた
包丁でゆっくり切っていく参加者
おいしそうにそばを食べる参加者
 6月30日(水)、韓国農家交流団13人が里山ステーション俵山を訪れ、そば打ちを体験しました。交流団は、農業をしながら観光客を受け入れる「グリーンツーリズム」を研究している韓国人で構成されています。参加者はそばを打つのは初めてでしたが、npo法人ゆうゆうグリーン俵山のメンバーからアドバイスを受けながら体験し、交流を深めました。完成したそばは盛りそばに調理して試食し、参加者は初めて自分で作ったそばの味に感激した様子でした。