ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 県道生島・津雲間が開通

県道生島・津雲間が開通

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2010年4月9日更新
テープカットとくす玉割り

テープカットとくす玉割り
生島橋の銘板文字の揮毫に感謝状
 3月25日(木)、県道萩三隅道路の生島・津雲間の改良工事が完了し開通式が現地で行われました。開通式は、津雲と生島の両自治会が主催したもので、南野市長をはじめ阿野副市長、大西県議、長門土木建築事務所の松塚所長らの来賓と地元関係者約30人が出席しました。南野市長は、「この道路は、津雲・生島地区にとって身近な生活道路。この開通が両自治会の発展に寄与するものと期待します」と述べました。そして、テープカットとくす玉割りが行われ、出席者全員で道路の開通を祝いました。その後、生島橋の銘板の文字を書いた明倫小学校の中本遼太くん、原田風冴くん、白井優衣さん、齋藤加奈恵さんに感謝状が贈られました。