ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 防火・交通安全の集い

防火・交通安全の集い

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2008年11月19日更新
防火・交通安全の集い

防火・交通安全の集い
 11月18日、長門市老人クラブ連合会主催による「防火・交通安全の集い」が長門市中央公民館で開催されました。 この集いは、火災の多発するこの時期、また交通量の増加する年末を控え、高齢者の火災による被害や交通事故を減少・撲滅し、高齢者の日常生活の安全安心を図ることを目的に、市消防本部、長門警察署との共同開催により行われたもので、防火クラブ員や市民など約400人が参加しました。 消防本部予防課長、長門警察署交通課長による防火・交通安全に関する講話や、あおい幼稚園幼年消防クラブによる太鼓演奏のほか、消防本部職員による家庭用火災報知器・消火器の悪質訪問販売を題材とした寸劇、県警音楽隊の還付金詐欺を題材とした寸劇を交えた演奏が行われました。 近年増加している高齢者を狙った悪質な詐欺事件の一幕。消防本部職員、県警音楽隊のユーモアを交えた迫真の演技に、時折笑いがおきながらも参加者は興味深く見入っていました。