ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 沿岸海域合同訓練

沿岸海域合同訓練

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2008年9月8日更新
沿岸海域合同訓練

沿岸海域合同訓練
 9月6日(土)、伊上漁港で伊上地区災害避難訓練と平成20年度沿岸海域合同訓練が行われました。災害避難訓練は社会福祉推進委員会や社会福祉協議会が主体で実施されたもので、市広報車で避難広報が行われ、市民のみなさんがそれぞれ歩いて伊上公民館に避難する訓練をしました。 沿岸海域合同訓練は、地震などの大規模災害が発生した場合に関係機関が連携して迅速に救助活動ができるように毎年行われているもので、今回は、向津具半島沖で大きな地震が発生したという想定で訓練が行われました。地震で海に転落した人をヘリコプターや梯子車で救助したり、ビルの倒壊で閉じ込められた人を屋上から救助したりする訓練が行われました。