ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 住民票や戸籍証明書等の請求時に本人確認を実施しています

住民票や戸籍証明書等の請求時に本人確認を実施しています

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日更新

平成20年5月1日から住民基本台帳法・戸籍法の一部改正により交付請求時に、窓口に来られた方の本人確認を行います。

これは、他人が本人になりすまして住民票の写し・戸籍等の虚偽の交付請求するのを防止するためです。

住民票・戸籍の証明などの申請には、本人確認ができる書類が必要になりますので、窓口においでになる方は、下記の書類をお持ちください。

なお、代理の方が交付申請をする場合には、窓口に来られる方の本人確認書類のほか、証明書の必要な方からの委任状および、使用目的など詳しい記入が必要になります。

皆さんのご理解とご協力をお願いします。

本人確認のための書類一覧

本人確認証の種類お持いただく種類
運転免許証、旅券(パスポ-ト)、住民基本台帳カ-ド(顔写真付)、個人番号カード、療育手帳、身体障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書、船員手帳、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、宅地建物取引主任者証、無線従事者免許証、官公庁が発行する証明書及び各種免許証など(顔写真付)1種類をお持ちください
健康保険証、介護保険被保険者証、年金手帳(または証書)、恩給証書、交付請求書上に押印した印鑑に係る印鑑登録証明書、住民基本台帳カ-ド(顔写真なし)など2種類をお持ちください
学生証、法人(国もしくは地方公共団体を除く)が発行した身分証、国もしくは地方公共団体の機関が発行した写真付きの資格証明書(イ)+(ウ)の2種類をお持ちください