ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症の対応について > 災害時の避難における新型コロナウイルス感染予防について

災害時の避難における新型コロナウイルス感染予防について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月18日更新

 市では災害時の避難場所において、市が開設する指定緊急避難場所は新型コロナウイルス感染予防のため、一般の避難者の避難スペースとは別に、発熱・風邪症状等のある避難者のスペースを確保するなどの対策をしています。しかし、避難される市民の皆様の協力なくしては、効果的に感染を防止することはできません。このため、避難するにあたり以下のことについてご協力いただきますようお願いします。

発熱や風症状等のある方は、速やかに知らせてください

 指定緊急避難場所に避難する時はできるだけ事前に体温を計測し、平熱より高い方、風邪症状のある方は、受付において必ず申告していただきますようお願いします。また、避難中に発熱や体調が悪化した場合は速やかに担当職員へお知らせください。

個人防護をお願いします

 避難する際にはマスクはを装着し、消毒液及び体温計などを持参するなど個人でできる限りの感染予防対策をお願いします。

3密(密集・密閉・密接)を避けましょう

 避難場所では3密を防止するため、担当職員の案内に従い個人毎の間隔を取っていただくようお願いします。

分散避難を検討しましょう

 避難者の集中を避けるため、可能な方は災害の危険性のない親族、知人宅等に避難することも検討してください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)