ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢崎節夫館長コラム 「草原の夜」 2019年11月1日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

草原の夜

 

ひるまは牛がそこにいて、

青草たべていたところ。

 

夜ふけて、

月のひかりがあるいてる。

 

月のひかりのさわるとき、

草はすっすとまた伸びる。

あしたも御馳走してやろと。

 

ひるま子供がそこにいて、

お花をつんでいたところ。

 

夜ふけて、

天使がひとりあるいてる。

 

天使の足のふむところ、

かわりの花がまたひらく、

あしたも子供に見せようと。

 

 

「金子みすゞ童謡全集」JULA出版局

 

 

 

 『草原の夜』は大好きな作品です。声に出して読むと、心がほっとあたたかくなります。

 牛に食べられた青草は、「もう伸びない」と思ってもいいのです。でも、”草はすっすとまた伸びる。/あしたも御馳走してやろと。”と思うのです。

 それは、美しい月の光にさわられたからですが、月の光はけして「明日も牛に御馳走してやりなさい」とはいいません。ただ美しい光を青草に投げかけているだけなのです。

 子供と、お花と、天使も同じです。

 誰かのためではなく、それぞれのすべき事をまっすぐにしているのです。その事が結果として、誰かのお役に立っているのですね。

 情報があふれて、つい自分のすべき事を忘れがちになりますが、みすゞさんの作品を読むと、みすゞさんはどんな時でも、みすゞさんであり続けていて、すごいなと思います。

 11月がみなさまにとって、心穏やかな秋でありますよう、館員一同深く願っています。

 

                                            令和元年11月1日

金子みすゞ記念館 館長 矢崎 節夫