ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > 家庭ごみの捨て方(新型コロナウイルスなどの感染症対策)について

家庭ごみの捨て方(新型コロナウイルスなどの感染症対策)について

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月13日更新

家庭ごみを出す際に感染リスクを下げるためにも次のことに気を付けてください。

・使用済みのマスク、ティッシュペーパー、おむつ、歯ブラシや汚れた衣類・下着などの感染の恐れがあるものは透明または半透明のビニール袋などに入れて封をした状態で、指定袋に入れて「燃えるごみ」で出してください。

 ・ごみ収集車でごみ袋の破裂を防ぐため、ごみ袋の空気を抜いて出してください。

・資源ごみ(缶・ビン類・ペットボトル)に付着したウイルスは3日程度で感染力がなくなるとされていますので、資源ごみを出す場合は1週間程度経ってから出すようにしてください。

・ごみを出すときには、「ごみに直接触れない」・「ごみ袋はしっかり封をする」・「ごみを捨てた後は手を洗う」ように気を付けましょう。

 

ごみ処理施設の業務継続のため、ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)