ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育委員会事務局 > 通学路交通安全プログラムについて

通学路交通安全プログラムについて

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月17日更新

プログラム作成の経緯

 平成24年4月以降、登下校中の児童等の列に自動車が突入し、児童等が被害にあう痛ましい事故等が連続して発生しました。

 このような状況を踏まえ、文部科学省、国土交通省、警察庁の3省庁が連携し、緊急合同点検による危険箇所の抽出,安全対策の検討及び実施を要請しました。

 長門市では、平成24年以降、定期的に『通学路安全点検合同会議』を行い、市内各学校、教育委員会、道路管理者(国土交通省山口河川国道事務所、長門土木建築事務所、長門市都市建設課ほか)、長門警察署などの関係機関が、通学路の危険と思われる箇所の確認と安全対策案について協議しています。

 これまで実施した通学路安全点検を一過性のものとせず、継続的に取り組むため、平成26年11月『長門市通学路交通安全プログラム』を策定しました。

 今後、このプログラムに基づき、『事故のない安全で安心な通学路の確保』を目指してまいります。

プログラムと資料

長門市通学路交通安全プログラム [PDFファイル/616KB]

H28対策箇所一覧表(11小5中学校) [PDFファイル/441KB]

H28小学校通学路対策箇所図 [PDFファイル/5.52MB]

H28中学校通学路対策箇所図 [PDFファイル/4.13MB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)