ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 創業・起業支援 > 若者起業家支援事業補助金 事業提案の公募を開始しています
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > ながと成長戦略推進事業 > ながと成長戦略推進事業 > 若者起業家支援事業補助金 事業提案の公募を開始しています

若者起業家支援事業補助金 事業提案の公募を開始しています

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月17日更新

長門市内で起業する個人または法人の事業提案を公募しています

「ながと6G構想」に基づき、地域活性化を図り、地域の稼ぐ力を高める事業を起業する者に対して、クラウドファンディングを実施し、寄付額に応じて補助金による支援を行います。

事業内容

長門市内で、地域経済活性化のための新たな指針「ながと6G構想(令和3年3月)」に掲げる「未来を担う若者が輝くまち」の実現を目指し、地域の稼ぐ力を高めていくため、クラウドファンディング型ふるさと納税の仕組みを活用して、新規起業や既存事業に加え新たな起業に要する経費を補助します。

 補助対象者

補助金の交付対象とする者はすべて該当するものとする。

  1.自らが事業の実施主体であること
  2.新たなビジネスモデルの構築にチャレンジし、起業意欲に溢れる個人及び法人
  3.市内に事業所を既に設置もしくは設置予定の個人及び法人
  4.ながと6G構想に掲げる6つの基本方針に基づく地域産業の振興に役立てる事業を新たに行う個人または法人
  5.市税を滞納していない
  6.長門市暴力団排除条例(平成23年条例第14号)第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員または同条第3号に規定する暴力団  
    員等でない者
  7.会社更生法に基づく更生手続きの申立てまたは民事再生法に基づく再生手続の開始の申立てがなされている者
  8.市長が補助金の交付対象として適当でないと認める者でない者   

補助要件

応募するに当たり、次の要件をすべて満たすこと

(1)クラウドファンディングする事業に共感し、継続的に関心を持つような取組みを行うこと
(2)事業計画に実現性があり、事業の継続が期待できるもの
(3)1事業者につき1事業に限る
(4)クラウドファンディングによる寄附額が設定した目標額に達しない場合でも、自己資金をもってプロジェクトの遂行を確約できる事業であること

補助対象事業

「ながと6G構想」に掲げる6つの基本方針に該当し、地域産業の振興に役立てる新たな事業

  ○ながと6G構想に掲げる6つの基本方針

 

基本方針

事業内容

1

新産業・新事業の獲得

産業拠点機能の強化に役立てる事業

2

域内連携の強化に役立てる事業

3

産業基盤の強化

産業人材の創出に役立てる事業

4

先端技術の導入促進に役立てる事業

5

産業活動を支える人材

の確保・育成

産業人材の創出に役立てる事業

6

先端技能の習得・技能向上に役立てる事業

7

関係人口・交流人口の創出

情報発信力の強化に役立てる事業

8

マーケティング力の強化に役立てる事業

9

積極的な交流の推進

地域間・国際交流の推進に役立てる事業

10

市域を超えた広域ネットワークづくりに役立てる事業

11

特徴的な産業の育成

新たなビジネスモデルの創出に役立てる事業

12

地域資源の価値向上に役立てる事業

≪例≫
●地域資源の活用を通じて、持続的な成長を目指すビジネスモデルを構築し、事業化するもの
●革新的な技術開発や商品開発等を活かし事業化するもの
●既存事業から新たな事業を展開することで地域経済の活性化が期待できるもの

ながと6G構想についてはこちらから
https://www.city.nagato.yamaguchi.jp/soshiki/13/34428.html

補助対象経費

補助金の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、補助対象事業に直接要する経費で、下表に掲げるものとします。

補助対象経費

項目

内容

報償費

専門家謝金等

旅費

専門家旅費等(従業員旅費は除く)

印刷製本費

チラシ、パンフレット、事業案内等の印刷費等

修繕費

事業に必要な動産・不動産の修繕費等

通信運搬費

事業に必要な物品の輸送費、郵送費(切手購入を除く)等

広告費

広告宣伝、販売促進等の広告費等

消耗品費

消耗品(用紙、文具等)の購入費等

役務費

許可取得や行政書類の申請に係る費用等

委託料

建物の設計費や外注加工費等業務を委託する際に必要な費用、マーケティング等の市場調査の委託費等

使用料及び賃借料

事務所・店舗等の初年度の借上げ料(住居部分に係る費用並びに敷金、礼金、保証金、仲介手数料及び保険料は除く)、イベントの会場使用料、機械装置や備品のリース及びレンタル費等

工事請負費

事務所・店舗・倉庫等の開設に伴う内外装工事費、イベント会場の設置工事費等

原材料費

資材購入費等

備品購入費

事業に必要な機械装置、サーバー等の備品購入費等

その他

その他市長が必要と認める費用

※1 すべての補助対象経費は、実績報告時に領収書を提出していただきます。領収書の無いもの、宛名・ただし書等に不備があるものは補助対象外と 
    なります。
※2 他の補助金等の補助対象経費と、本補助金の補助対象経費との重複はできません。

補助対象外となるものの例

資本金  人件費  土地、建物等の不動産購入費  食糧費
起業する事業に関係がないもの

補助金額

補助金の額は、補助対象経費の1/2の額(補助上限額は150万円で、千円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる)に市がこの事業者の認定事業に係るクラウドファンディング型のふるさと納税により寄附を受けた総額からクラウドファンディングに係る手数料等を差し引いた金額(以下「補助総額」という。)を上限に、予算の範囲内で補助するものとします。

  ※消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額は補助対象外となります。
  ※交付すべき補助金の額が確定したことにより、寄附総額からクラウドファンディングに係る費用等を控除した額に不用額が生じたとき、市の歳入とし   
    て受け入れるものとする

補助対象期間

事業の認定通知を受けた日から、この通知を受けた日の属する会計年度の末日まで

 

応募方法及び提出先 

 ○応募期間:9月13日(月曜日)午後5時必着
  ※郵送に関しても9月13日(月曜日)必着
 ○受付時間:土、日、祝日を除く、午前9時から午後5時まで
 ○提 出 先:〒759-4192 長門市東深川1339番地2
         長門市役所 経済観光部 産業戦略課 戦略マネジメント班 宛
 ○提出方法:メール、郵送、直接窓口へ持ってくる
 ○提出部数:1部

プレゼンテーション

 ○日時:令和3年9月17日(金曜日)13時15分から応募順に実施します。
 ○場所:長門市役所4階第1会議室もしくはリモート(Web会議)
  ※申請者は、市役所会議室かリモート(Web会議)を選択し、令和3年9月15日(水曜日)17時までに審査委員会事務局まで電話で報告してください。
 ○報告先:長門市若者起業家支援補助金審査委員会事務局
        (長門市 経済観光部 産業戦略課 戦略マネジメント班内)
 Tel:0837-23-1234

提出書類

提出時点

提出書類

事業認定申請時

【共通】
●事業認定申請書(別記様式第1号)
●事業計画書(別記様式第1号の2)
●資金計画書(別記様式第1号の3)
●滞納がないことの証明書または完納証明書(原本)
(2か月以内に発行されたもの)
●補助対象経費の見積書
 ※備品等についてはカタログを添付すること
●その他市長が必要と認める書類
(必要がある場合は、改めてお知らせします)

【個人の場合】
○住民票(個人の場合)
○開業届の写し(個人で既に開業している場合)
○直近の確定申告書の写し(個人の場合)
※事業開始初年度の個人を除く

【法人の場合】
○履歴事項全部証明書(法人の場合のみ(写し可))
○役員一覧表(法人の場合のみ(登記簿の写し可))
○定款(法人の場合のみ(写し可))
○直近の事業年度分の決算書の写し(貸借対照表、損益計算書)
 ※新規創業者は除く

交付申請時

○交付申請書(別記様式第6号)

認定事業の変更申請時

 

 

○変更交付申請書(別記様式第9号)
○変更計画書(別記様式第9号の2)
○変更資金計画書(別記様式第9号の3)
○変更のあった補助対象経費の見積書
 ※備品等についてはカタログを添付すること
○その他市長が必要と認める書類
(必要がある場合は、改めてお知らせします)

事業完了後

○実績報告書(別記様式第12号)
○内容報告書(別記様式第12号の2)
○収支決算書(別記様式第12号の3)
○経費の支払を証する書類(領収書等)
○事業実施成果を証する資料(写真等)
○その他市長が必要と認める書類

補助金の請求時

【事業完了後】
○交付請求書(別記様式第14号)

【概算払いの場合】
○概算払請求書(別記様式第15号)

※1 提出書類の様式は、長門市ホームページからダウンロードできます。
※2 提出書類の規格は、すべてA4版片面印刷(両面印刷不可)としてください。パンフレット等で規格が異なる場合    
   は、A4版に拡大または縮小コピーしたものを添付してください。
※3 提出書類は、審査等を行うために必要な範囲内で複製することがあります。
※4 提出書類は、内容を確認するため、関係機関に照会する場合があります。
※5 提出書類は、返却しません。
※6 応募に要する経費はすべて応募者の負担とします。
※7 応募受付後に辞退する場合は、辞退届(様式自由)を提出してください。

募集要綱および補助金交付要綱

 若者起業家支援事業補助金 募集要綱および交付要綱を熟読し、応募される方は、提出期限までに申請をお願いします。

若者起業家支援事業補助金 募集要項 [PDFファイル/505KB]

若者起業家支援事業補助金 交付要綱 [PDFファイル/304KB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)