ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

センザキッチンが道の駅に新規登録されました

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月17日更新

センザキッチン

仙崎地区交流拠点施設「センザキッチン」が道の駅に新規登録されました

 このたび、国土交通省道路局において、山口県内で24番目の「道の駅 センザキッチン」が平成29年11月17日付けで登録されることになりました。中国地方の「道の駅」は全部で103駅、全国では合計1,134駅になります。

 「道の駅 センザキッチン」は、平成30年度のオープンを目指し、現在整備中です。

新規登録された道の駅の概要

 道の駅 センザキッチン

 設置者:長門市

 住所:山口県長門市仙崎4297番地1

 主な特徴

  •  日本海屈指の漁港として栄えた港町「仙崎」に立地し、天然の良港「仙崎湾」を眺望できる風光明媚なロケーション
  •  多くの人の集まるリビング・ダイニング・キッチンをコンセプトに、「食べる」「遊ぶ」「つなぐ」の3つの特徴を持つ交流拠点

市長コメント

 本市として初めてとなる「道の駅」の登録を目指し、整備を進めて参りました交流拠点施設「センザキッチン」が、本日、新規登録となりましたことを大変喜ばしく思っております。国土交通省をはじめ、関係各位のご尽力に改めて深く感謝申し上げます。

 この「センザキッチン」は、1次産業を中心に「所得の向上」と「雇用の創出」を目標に掲げた「ながと成長戦略」を加速させる役割を担い、本市の魅力ある農林水産物や特産品等を広く周知・販売し、「ひと」と「もの」の新たな流れを生むことにより、地域経済の活性化を図る拠点施設として整備を進めて参りました。

 本日、「センザキッチン」が「道の駅」の仲間入りを果たしたわけでありますが、来年4月のグランドオープンに向けて、海と人と木を繋ぐ木育交流館や長門のおいしさを詰め込んだフードコートなど魅力ある施設の整備を着実に進めるとともに、広域バスの発着を実現し交通の拠点化を図るなど、「日本一の道の駅」を目指して「チームながと」が一枚岩となって取り組んで参ります。

                                                           平成29年11月17日    

長門市長 大西倉雄

関連資料

国土交通省中国地方整備局報道資料<外部リンク>

国土交通省中国地方整備局山口河川国道事務所報道資料<外部リンク>

 

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)