ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 12回目のおやじバンドまつり

12回目のおやじバンドまつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月14日更新
盛り上がったフィナーレ

盛り上がったフィナーレ
Nothing Job Brothers Bandの演奏
下関市から参加した「Gクラ」による演奏
ホストバンドとして演奏した、萩・長門で活動するF.STREET
ムッシュ吉崎氏(中央)も多くの曲を披露した

今年で12回目となる「おやじバンドまつり」が2月14日(日曜日)、ルネッサながとで行われ、県内の8つのアマチュアバンドがその腕前を披露しました。今年は開催日がバレンタインデーということにちなんで「愛をとりもどせ!」というサブタイトルがつけられ、このサブタイトルと同名のヒット曲を持つ下関市出身のムッシュ吉崎氏もゲストとして登場しました。ムッシュ吉崎氏は「クリスタルキング」を結成し数多くのヒット曲があり、昨年4月から山口ふるさと大使として活動しています。
それぞれのグループが3、4曲ずつ披露し、会場内で立ち上がり踊りだしたり、手製の応援うちわを振る来場者も見られました。
予定の時間をオーバーするほどの盛り上がりを見せたこのおやじバンドまつりについて、同まつり実行委員会の白澤真史さんは「来年以降もずっと続けていきたい」と話しました。