ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 自衛隊入隊者を激励

自衛隊入隊者を激励

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月19日更新
感謝の気持ちを述べる橋本さん

感謝の気持ちを述べる橋本さん
激励する大西市長
金子みすゞの本を記念に贈る
最後に大西市長と握手する

この春の自衛隊入隊予定者激励会が2月19日(金曜日)、長門市役所で行われました。山口市の陸上自衛隊第17普通科連隊教育隊に入隊するのは、仙崎出身の橋本幸汰さんで現在長門高校に通っています。
大西市長は、「入隊おめでとうございます。今、自衛隊に期待されている任務は、災害の多発や国際情勢の変化の中で非常に大きいものがあります。そのような自衛隊を志した橋本さんを、市民の代表として誇らしく思います。ぜひ、がんばって立派な自衛官になってください」と激励しました。
これに対し橋本さんは、「友達や家族、長門市を忘れることなく、立派な自衛官、社会人になりたいと思います。本日はありがとうございました」とお礼を述べました。
橋本さんは、「東日本大震災や広島の災害現場での自衛隊の救助活動を見て自衛隊を目指すことを決めた。高校の陸上大会では、200メートル走で県内2位の成績を収めるなど、体力には自信があります」と話し、入隊が決まった現在では、毎日筋肉トレーニングやランニングなどを行っているそうです。
このあと橋本さんは3月31日に入隊することになっています。