ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > チャレンジ営農講座を終えて

チャレンジ営農講座を終えて

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月25日更新
平成27年度は12人が受講(閉校式にはうち6人の受講生が出席)

平成27年度は12人が受講(閉校式にはうち6人の受講生が出席)
閉講式のようす
修了証とあわせて記念品が手渡される
1人ずつ感想や今後の意気込みを話す


2月25日(木曜日)、長門大津農業協同組合営農センターで、平成27年度「JA長門大津チャレンジ営農講座」閉講式が行われました。

この講座は、「田屋なす」「白おくら」「はなっこりー」などの地域特産品の担い手確保のため、新たに園芸本牧の栽培・出荷に取り組もうとする人を対象に開催されたものです。今年度は12人が受講し、平成27年5月から毎月1回、農薬や種まき、農業機械や料理などの基礎講座に加え、実際にほ場へ向かい、栽培や病害虫対策、定植や収穫などの実習を行いました。

この日の閉講式では、修了証とあわせて、受講生に「はなっこりー」やいちご「さちのか」などが記念品として贈られました。講座を終えて、参加者は「仲間もでき、農業の楽しさを知ることができた1年でした。これから白おくらや田屋なすなど、伝統野菜の栽培に挑戦していきたいと思います」と感想を話しました。

なお、長門大津農業協同組合では、平成28年度も本講座の開講を予定しているとのことです。