ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 命と生活を守るために~年末年始特別警戒隊出動式及び安全指導出動式~

命と生活を守るために~年末年始特別警戒隊出動式及び安全指導出動式~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月3日更新
年末年始特別警戒隊出動式及び安全指導出動式が実施された

年末年始特別警戒隊出動式及び安全指導出動式が実施された
仙崎海上保安部職員など約60人が参加
来賓で江原市長が「寒い日が続きますが、身体に気をつけて市民の安心安全を守っていただければ」とあいさつ
出動申告や通常点検が行われた
海上では「さざんか」など2艇が出動

 12月3日(火曜日)、道の駅センザキッチンで年末年始特別警戒隊出動式および安全指導出動式が行われました。

 これは年末年始の事件・事故防止に向け実施され、長門警察署と海上保安庁が合同で出動式を行いました。この日、集まったのは市長、市議会議員、長門警察署員、先崎海上保安部職員ほか約60人。 

 はじめに、各所属長の訓示が行われた後、来賓あいさつで江原市長は「全国的には重大事件が多い年で、市内でも犯罪が増えていると伺っています。これから年末年始に向かうことから、強盗など凶悪犯罪が起きる可能性があり、海上でもしける日が増えてくると思います。寒い日が続きますが、身体に気をつけて市民の安心安全を守っていただければ」とあいさつ。その後、通常点検が行われ、車両部隊と船艇部隊に分かれ年末年始特別警戒に出動しました。 

 仙崎海上保安部では「年末年始の輸送等の安全確保及びテロ対策に万全を期す」ため12月10日から令和2年1月10日まで年末年始特別警戒及び安全指導を実施するとのことです。