ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 満開の千本桜の下で

満開の千本桜の下で

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月7日更新
今年もきれいな桜が見られました

今年もきれいな桜が見られました
絶好のお花見日和の中で祭りが開催
4代目の「青海島桜姫」となった藤田実優さん、室本悠栞さん、八道芹香さん
会場入口で植樹を行う
多くの人でにぎわいを見せる

 4月7日(日曜日)、青海島さくらの里で、昨年に続き4回目となる「ながと青海島千本桜まつり」が開催されました。

 オープニングセレモニーでは、濱野達男実行委員長が「今年は青海島が横山健堂に海上アルプスと命名されてから100年となる記念すべき年であり、また平成として最後の千本桜まつりとなります。今年も多くのイベントを準備していますのでみんなが楽しんで、よい祭りなることを祈願します。」と、あいさつしました。

 ステージではその後、4代目の「青海島桜姫」として八道芹香さん・藤田実優さん・室本悠栞さんが発表され、3人はその後、苗木の植樹を行いました。会場は、やきとりやイカ焼きなどの長門のグルメを楽しむ人でにぎわい、長門ストリートダンス愛好会のパフォーマンスなど、ステージ企画も大きな盛り上がりを見せました。

 この日は、天候にも恵まれ、見頃の桜を楽しみながら、多くの来場者でにぎわいました。