ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 女性が活躍できる社会の実現に向け、提言書提出

女性が活躍できる社会の実現に向け、提言書提出

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月29日更新
提言書を提出する3人の女性市議

提言書を提出する3人の女性市議
「しっかり検討し、市政に反映させたい」と大西市長
審議会への積極的な女性登用など4項目について提言

 1月29日(月曜日)、長門市議会の女性議員3人が「女性が活躍できる社会の実現についての提言」をまとめ、提言書を大西市長に提出しました。

 提言書をまとめたのは長門市議会の岩藤睦子議員、早川文乃議員、綾城美佳議員の3人で、市長室を訪れた3人は大西市長に対し、市が設置する審議会等への女性委員の積極的な登用、女性が幅広い分野で活躍できるような施策の充実、女性を対象とした職業教育や職業訓練の実施など4項目にわたる提言を行いました。

 提言書を受けとった大西市長は「提言していただいた4項目についてはすぐやれるものや将来実現していくものなどあるが、内容をしっかり検討させていただき、市政に反映していきたい」と述べました。

 提言書を提出した岩藤議員は「女性議員が3人になり、良い機会と思って提言した。世代の違う3人で協力してこれからもいろいろな提言をしていきたい」と抱負を語りました。