ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ピアノで全国大会に出場

ピアノで全国大会に出場

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月4日更新
第11回べーテン音楽コンクールに出場する田中真紀子さん

第11回べーテン音楽コンクールに出場する田中真紀子さん
「コンクールで力をいかんなく発揮し、最高の演奏をしてほしい」と大西市長が激励
「演奏する曲は音楽家として熱い情熱が感じられる。いきいきとして華やかな演奏をしたい」と田中さん

 12月4日(月曜日)、全国大会出場者の激励会が長門市役所で行われました。

 全国大会に出場するのは大津緑洋高校大津校舎3年生の田中真紀子さんで、9月に行われた中国地区本戦で優秀賞を獲得し、12月27日(水曜日)に東京都かつしかシンフォニーヒルズで開催される「第11回べーテン音楽コンクール」のピアノ部門、自由曲コースに出場されます。

 激励会では大西市長から「常日頃の練習の成果が全国大会への出場につながった。文化や音楽は人の心に豊かさを与えてくれます。コンクールを通じて市民にも豊かな音楽を届けてほしい。コンクールでは力をいかんなく発揮して、最高の演奏をしてきてください」とあいさつしました。

 田中さんは、「今回演奏する曲はベートーベン作曲で、ベートーベンは私が一番好きな作曲家です。演奏曲はベートーベンが若い頃に作曲した曲で、音楽家としての熱い情熱が感じられるもの。生き生きとして華やかな曲の雰囲気が出せるよう演奏していきたい」と抱負を語りました。田中さんは4歳のころからピアノの練習をはじめ、将来は大学の教育学部に進学し、音楽教員を目指したいとのことです。

 出場する大会の概要は下記のとおり。

 第11回べーテン音楽コンクール
 日時:平成29年12月27日(水曜日)
 会場:東京都かつしかシンフォニーヒルズ
 主催:べーテン音楽協会