ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅地区をつなぐ文化祭

三隅地区をつなぐ文化祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月5日更新
三隅清風太鼓の演奏で幕を開けた芸能発表会

三隅清風太鼓の演奏で幕を開けた芸能発表会
ロビーには、地区内の団体による軽食や喫茶コーナーなどが設けられた
ステージでの発表を手拍子しながら楽しむ
三隅中学校吹奏楽部と「楽々団」の演奏に合わせて、浅田・明倫小学校の児童が歌を披露
地区住民や家族連れでにぎわいを見せる

 11月4日(土曜日)・5日(日曜日)の2日間、三隅公民館で「みすみ文化祭」が開催されました。

 これは三隅地区の文化団体で構成された「みすみ文化祭実行委員会」が主催し、毎年開催されているもので、初日は館内での作品展示のほか、歌謡ショーやソシアルダンスの集いなどが行われました。

 2日目は、地区内の幼稚園・保育園、小・中学校、文化団体・生涯学習グループが集う芸能発表会を開催。開演前には、三隅文化団体連絡協議会芸能部の熊野和正部長が「文化の秋、食欲の秋をゆっくりと楽しんでください」とあいさつしました。

 続々と登場する発表者を、観覧に訪れた人は拍手で迎え、合唱やダンス、吹奏楽や和太鼓の演奏などを楽しみました。また、ロビーには軽食や喫茶コーナー、地区内の団体による雑貨の販売コーナーなどが設けられ、地区住民や家族連れでにぎわいました。