ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 筋肉を整えて、美と健康、強さを手に入れよう

筋肉を整えて、美と健康、強さを手に入れよう

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月21日更新
筋肉の状態を整えて、パフォーマンスが発揮しやすい身体をつくる

筋肉の状態を整えて、パフォーマンスが発揮しやすい身体をつくる
講師はコンディショニングトレーナーの有吉与志恵さん
プロスポーツやオリンピック選手も取り入れているコンディショニング方法
小中学生や地元住民など約200人が参加した
参加者から質問も

 10月21日(土曜日)、仙崎小学校体育館でコンディショニングトレーナー有吉与志恵さんを講師に招き、「コンディショニングで美とパフォーマンス・強さを手に入れるコンディショニング講習会」が開催されました。地区住民の健康づくりや日々の美容、体質改善に役立てようと仙崎振興会が主催したもので、仙崎小学校・中学校の児童生徒や地区住民ら約200人が参加しました。

 有吉さんは運動指導者として30年以上のキャリアを積み、筋肉を鍛えるよりも整えることで、体調と体型を劇的に改善できる「コンディショニングメソッド」を確立。高齢者から現役アスリートまで、幅広い層への指導をされているほか、学校や企業、地方自治体向けの講演・講習会や指導者の育成にも取り組まれています。

 最初に行われた講演で有吉さんは、身体のコンディションを整える必要性をスライドを使って説明。筋肉は年齢関係なく鍛えることができるとし、筋肉を整えることで生活の中で起こるさまざまな不調を解消できると紹介。プロスポーツ選手やオリンピック代表選手の実践事例などを交えながら、身体の不調をリセットし、筋肉の弾力などいい状態に保つ大切さを話しました。

 講演に続いて行われた実技指導では、いつでも手軽にできるコンディショニングとして、足と脚のリセットコンディショニングや肩関節のリセットコンディショニング、回旋運動などが行われました。足や股関節のゆがみによる骨盤のゆがみを解消するための足首回しでは、足の指の間に手の指を組み合わせ、くるぶしから円を描くように足首を回すなど、参加者はコンディショニングの方法を学んでいました。

 最後に行われた質疑応答では、「ジャンプ力をあげるにはどうしたらいいか?」「なかなか落ちない中年太りのおなかの脂肪はどうやったら取れる?」など参加者からの質問も寄せられていました。