ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ビーチバレーで全国の舞台へ

ビーチバレーで全国の舞台へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月3日更新
(左から)山本さん、大西市長、佐藤さん

(左から)山本さん、大西市長、佐藤さん
激励費とTシャツが手渡される
「2人の最高のパフォーマンスを」と大西市長
2人は「拾ってつなぐバレーが持ち味。決勝トーナメント進出を目指して頑張りたい」と意気込んだ

 8月3日(木曜日)、長門市役所で、「第16回全日本ビーチバレーボールジュニア男子選手権大会」に出場する選手の激励会が行われました。

 同大会は、8月4日(金曜日)から7日(月曜日)まで、大阪府阪南市箱作海水浴場「ぴちぴちビーチ」で開催され、6月に山口県予選会を勝ち抜いた長門高校3年の山本遼さんと佐藤拓也さんが出場します。会では、大西市長が「日ごろの練習の成果を発揮し、2人の最高のパフォーマンスを見せてきてください」と選手を激励しました。

 会を終えて、2人は「拾ってつなぐバレーが持ち味。決勝トーナメント進出を目指して頑張りたい」と意気込みました。