ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 株式会社モンベルと包括協定を締結

株式会社モンベルと包括協定を締結

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日更新
協定書の締結を終え、並ぶ大西市長(右)と株式会社モンベルの辰野会長(左)

協定書の締結を終え、並ぶ大西市長(右)と株式会社モンベルの辰野会長(左)
協定書に署名をする大西市長
「シーカヤックなどアウトドアフィールドの環境が多く、さらなる交流人口の拡大につなげたい」と大西市長

 7月31日(月曜日)、大阪市に本社のあるアウトドア総合メーカーの株式会社モンベルと長門市が、アウトドア活動の促進による地域の活性化、市民の健幸と生活の質の向上、そして若い世代に選ばれるまちとしての意識醸成に寄与することを目的とした包括連携協定を締結しました。

 この日、大西市長が大阪市の株式会社モンベル本社を訪問し、株式会社モンベルの辰野勇会長とともに調印式に出席。7項目にわたる連携協定についての協定書に署名をし、協定の締結を行いました。記者会見で大西市長は「長門市で自然を活かした交流人口の拡大に力を入れている。シーカヤックが楽しめる穏やかな湾など市全体がアウトドアフィールドといってもよい豊かな自然環境があり、今回の協定が市の新たな活力の創出と安全安心の分野での連携が取れると考えています」とあいさつ。辰野会長は「長門市との協定が全国の自治体などとの17番目の協定となります。アウトドアは地域を元気にする起爆剤になると考えており、これからも自治体との連携を促進したい」とあいさつしました。

 今後、締結した7項目について、具体的な取り組みが進められていく予定です。

 〈協定内容〉

  1. 自然体験の促進による環境保全意識の醸成に関すること
  2. 子どもたちの生き抜いていく力の育成に関すること
  3. 自然体験の促進による健康増進に関すること
  4. 防災意識と災害対応力の向上に関すること
  5. 地域の魅力発信とエコツーリズムの促進による地域経済の活性化に関すること
  6. 農林水産業の活性化に関すること
  7. 高齢者、障がい者等の自然体験参加の促進に関すること