ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > わんぱく相撲で全国へ

わんぱく相撲で全国へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月26日更新
(左から)黒瀬理事長、金子琉生さん、金子利玖さん、大西市長、中谷知義さん

(左から)黒瀬理事長、金子琉生さん、金子利玖さん、大西市長、中谷知義さん
「全国でしっかり友達をつくってきてほしい」と大西市長
大西市長から選手へTシャツが手渡された

 7月26日(水曜日)、長門市役所で、第23回わんぱく相撲全国大会の激励会が行われました。

 この日、大西市長から激励を受けたのは、油谷小学校5年の中谷知義さん、萩市立明倫小学校6年の金子琉生さん、同校4年の金子利玖さんです。3人は、5月3日(水曜日)に市内で開催された「第24回わんぱく相撲長門場所」において、小学校4年生・5年生・6年生の部でそれぞれ優勝を果たし、全国大会への出場を決めました。

 大会は7月30日(日曜日)に、東京の両国国技館で開催されます。全国200地区の予選を勝ち抜いた小学生力士が集い、各学年ごとにトーナメントが行われるとのことです。