ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山で河川プール開き

俵山で河川プール開き

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月20日更新
俵山地区の園児・児童約40人がアユのつかみ取りを楽しむ

俵山地区の園児・児童約40人がアユのつかみ取りを楽しむ
俵山八幡宮の宮原宮司が神事を執り行う
順に玉ぐしを捧げる
地区住民など約30人が出席した
利用期間は8月31日(木曜日)まで、時間は10時~16時で、使用料は無料

 7月20日(木曜日)、俵山七段の滝河川プールで、開設期間中の無事を祈願する安全祈願祭が行われました。

 七重川からくみ上げて、俵山産の木炭でろ過した水が使われているこのプールには、広さ25m×9mで水深1mの大人用プールと、広さ8m×6mで水深0.3mの幼児用プール、すべり台が設置されています。この日は、日常的な管理を担当する同プールの管理委員会や、ボランティアで清掃作業に携わる地区住民など、約30人が出席しました。

 俵山八幡宮の宮原哲二宮司によって神事が行われた後、来賓として主席した磯部副市長は「地域の皆さんには、毎年プールの運営に多大なご協力をいただきありがとうございます。元気な子どもたちの声が響き、安全で事故なく、プールがにぎわうことを願います」とあいさつ。管理委員会の岡林則孝会長は「今後も引き続き、立派に維持管理ができるよう取り組んでいきますので、ご支援・ご協力をお願いします」とあいさつしました。

 安全祈願祭が終わると、俵山地区の園児・児童約40人がプールを訪れ、アユのつかみ取りを楽しみました。児童は「夏休みは、このプールでたくさん泳いで、水泳が上手くなりたい」と話していました。

 俵山七段の滝河川プールの利用期間は、7月21日(金曜日)から8月31日(木曜日)まで、時間は10時から16時までとなっています。駐車場は約20台分設けられており、駐車料金やプールの利用料は無料です。

※施設の詳細は、ながと観光ナビ「ななび」ホームページ<外部リンク>でご確認ください。