ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 伝統の通くじら祭り

伝統の通くじら祭り

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月16日更新
江戸時代に地区で行われていた古式捕鯨の様子を再現

江戸時代に地区で行われていた古式捕鯨の様子を再現
4隻の勢子船でクジラを湾内に追い込み、網に絡んだところを捕獲する
通小学校の児童による通鯨唄の披露
古式捕鯨の実演の前には恒例の和船競漕大会も開催
見事漕ぎ切って最後はぐったり

 7月16日(日曜日)、通小浦埋立地周辺で「2017通くじら祭り」が開催されました。

 はじめに行われた和船競漕には、小学生の部や職域・団体の部、支部対抗の部に計19チームが参加。力強く船を漕ぐ出場者に、会場からは大きな声援が送られました。

 続いて行われた古式捕鯨の実演では、通小学校の1年生4人の「クジラが来たぞー!」という声を合図に、赤ふんどし姿の地元有志や東京や大阪などから参加があった一般公募者ら約40人の男衆が4隻の勢子船に乗り込んで沖へ向かいます。男衆は、銛打ちを行いながら、全長13.5mのクジラの模型を湾内に追い込み、当時の捕鯨を再現。

 実演のクライマックスでは、威勢よくクジラに飛び乗ったハザシがとどめの鼻切りを行い、赤い潮が吹きあがると「クジラを捕ったぞー!」と大きな声で叫びました。 その後、陸に揚げられたクジラから子クジラが発見されると、通鯨唄保存会が感謝の気持ちを込めて、鯨唄「祝え目出度」「朝のめざめ」を披露しました。