ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 恩湯建替工事の安全を祈る

恩湯建替工事の安全を祈る

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月29日更新
大西市長をはじめ、旅館関係者や自治会関係者ら約50人が参列

大西市長をはじめ、旅館関係者や自治会関係者ら約50人が参列
浴槽内に鎮座する住吉大明神の神像
大寧寺の岩田住職により、抜魂の儀が執り行われた
工事の安全と長門湯本温泉の発展を祈願
これから本格的な建替工事が行われ、完成は平成31年夏の予定

 5月29日(月曜日)、建替工事のため休業となっている長門湯本温泉の「恩湯」で神事が行われ、旅館組合関係者や自治会関係者ら約50人が出席しました。

 この神事は恩湯建替工事に伴い建物が解体されることから、恩湯の浴槽内に鎮座しており、長門湯本温泉の始まりとなった住吉大明神の神像の魂を抜く「抜魂の儀」で、湯本温泉旅館組合や自治会などの主催で執り行われました。
儀式では大寧寺の岩田住職が香語を述べた後、読経をし、参加した大西市長をはじめ、関係者らが次々に焼香を行い、長門湯本温泉の発展と工事の安全を祈願しました。

 恩湯の建替工事は今後本格的に開始されますが、建物直下に泉源があることから、泉源の調査を行いながら慎重に工事を進め、平成31年夏に完成予定です。