ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 旧油谷町の発展に尽力

旧油谷町の発展に尽力

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月22日更新
大西市長から、元油谷町助役の吉岡亀一さんに勲記と勲章が伝達される

大西市長から、元油谷町助役の吉岡亀一さんに勲記と勲章が伝達される
お祝いの言葉を贈る大西市長
当時を振り返り、話を交わす

 3月22日(水曜日)、長門市役所で、瑞宝双光章(高齢者叙勲)を受章した元油谷町助役の吉岡亀一さんに、大西市長から勲記と勲章が伝達されました。

 吉岡さんは、昭和25年12月から宇都賀村に勤め、昭和29年5月の町制施行後は油谷町職員として、35年にわたり地方自治の発展に貢献。昭和61年3月からは油谷町助役に就任し、道路やダムの建設、公園や観光施設、「ラポールゆや」の整備などにより、町政の発展と住民福祉の向上に多大な貢献があったことから、このたび瑞宝双光章が贈られることとなりました。

 勲記と勲章を手渡した大西市長は「このたびは、受章おめでとうございます。吉岡さんには、誰もが一目置く行政手腕があり、だからこそ油谷町は発展してきたものと考えています。今後も健康に気をつけて、若い人に助言などもしていただければと思います」とお祝いのことばを贈り、吉岡さんは「苦労もあったが、仕事はやりがいがありました。こうして受章することができ、感激で胸がいっぱいです」と答えました。