ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 軟式野球で全国大会へ

軟式野球で全国大会へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月22日更新
「長門クラブ」として、市内の各中学校から招集された14人の選手が出場

「長門クラブ」として、市内の各中学校から招集された14人の選手が出場
選手を激励する大西市長
キャプテンの植村さんに激励費を手渡し、握手を交わす
普段の練習や大会の概要について話を交わす

 3月22日(水曜日)、長門市役所で、「文部科学大臣杯第8回全日本少年春季軟式野球大会」に出場する「長門クラブ」の激励会が行われました。

 昨年11月の中国地区予選会において、本大会の出場権を手にした「長門クラブ」は、本市の中学野球の技術向上を図ろうと平成19年に設立されたチームで、市内の各中学校から選手が招集されています。3月24日(金曜日)から27日(月曜日)まで、静岡県草薙総合運動場硬式野球場などで開催される同大会には、深川・仙崎・三隅・日置・菱海中学校から、合計14人の選手が出場します。

 激励会では、大西市長が「昨年は、長門高校が県大会でベスト4の成績を残しました。中学生の皆さんには、高校進学の際に他市に出るのではなく、長門市で甲子園を目指してほしいという思いがあります。このたびの大会では、全国クラスの技術を学ぶとともに、長門市の名前をとどろかせてきてください」と選手を激励。キャプテンを務める日置中学校2年の植村太陽さんは「初戦は石川県の星稜中学校と手強いですが、自分たちがやってきた守りの野球を信じて、期待に応えられるよう一生懸命プレーしたいと思います」と意気込みました。

 なお、出場選手・ポジション・学校名・学年は次のとおりです。

  1. 沖津 準哉(投手・日置中学校2年)
  2. 山口 律太(投手・菱海中学校2年)
  3. 村岡 慶紀(捕手・菱海中学校2年)
  4. 植村 太陽(内野手・日置中学校2年)
  5. 舛谷 浩輝(内野手・仙崎中学校2年)
  6. 松本 涼雅(内野手・仙崎中学校2年)
  7. 光永 芙(内野手・菱海中学校2年)
  8. 内田 凪飛(外野手・三隅中学校2年)
  9. 北川 弘大(外野手・菱海中学校2年)
  10. 野村 智也(外野手・日置中学校2年)
  11. 原 昂大(外野手・三隅中学校2年)
  12. 早川 紘太朗(外野手・深川中学校2年)
  13. 宮本 大輔(外野手・仙崎中学校2年)
  14. 柳井 颯太(外野手・深川中学校1年)