ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 青海島での3年間の活動を報告

青海島での3年間の活動を報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月17日更新
3年間の活動報告を行う河村隊員

3年間の活動報告を行う河村隊員
住民らも報告を聴きに訪れた
全員で記念撮影

 3月17日(金曜日)、3月末で3年間の地域おこし協力隊(青海島地区)の任期を終える河村將芳さんが、青海島共和国で報告会を開き、地域住民ら約30人が参加しました。

 報告会では、初めて青海島に足を踏み入れた時の感想や、青海島地区の活性化を目的に企画したご来光登山、青海島ネコカレンダー、青海島魚介ラーメンなどの取組が発表されました。また、青海島共和国の濱野国王にも触れ、新しい企画などを提案した際に受け入れてもらえたことなど、感謝の気持ちを述べました。報告事項の後は3年間過ごした中で感じたことをもとに、青海島の魅力について発表しました。

 報告会終了後は青海島共和国の濱野国王からオリジナルの国民栄誉賞が贈呈されました。また、懇親会では河村さんが考案した青海島魚介ラーメンなどが振る舞われ、地域住民らと3年間の思い出を語り合いました。