ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 年賀状コンクールで表彰

年賀状コンクールで表彰

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月15日更新
井上忠長門郵便局長から表彰状を授与される青村さん

井上忠長門郵便局長から表彰状を授与される青村さん
絵手紙部門の幼児10,295作品の中から審査員特別賞に選ばれた
正月らしい獅子舞の絵を描いた受賞作品

 3月15日(水曜日)、第14回全日本年賀状大賞コンクールの表彰状授与式が深川幼稚園で行われました。

 受賞したのは年長組の青村星那さんで、同コンクールの絵手紙部門に応募し、審査員特別賞に選ばれました。深川幼稚園の遊戯室で行われた表彰状授与式では、長門郵便局の井上忠局長から青村さんに表彰状と副賞が手渡されました。

 表彰状を受け取った青村さんは「賞をもらってうれしい。絵を描くのが好きです」と喜びを表現。授与した井上局長は「青村さんが立派な年賀状を描いてくれました。他の皆さんもいっぱい絵を描いて、楽しく健康でがんばってください」と園児に呼びかけていました。

 第14回全日本年賀状大賞コンクールは、昨年10月11日から今年の1月13日までの応募期間中、版画部門、絵手紙部門、ことば部門に107,982点の応募があり、審査を経て入賞作品が決定。日本郵便株式会社が主催し、すべての世代の人に年賀状作成を通じて「手紙の良さ」に気付いてもらい、楽しく個性豊かな年賀状づくりを勧奨することを目的に開催されています。