ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 山口県読売駅伝2017

山口県読売駅伝2017

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月5日更新
長門市チーム3区の本田選手から4区の岡野選手にタスキリレー

長門市チーム3区の本田選手から4区の岡野選手にタスキリレー
三隅の宗頭文化センター前に長門市唯一の中継所が設けられた
10時20分過ぎ、トップの選手の姿が見える
3時間35分39秒の記録で優勝した山口市Aチーム
萩市民体育館から維新百年記念公園までの67.6kmを8人でつないだ

 2月5日(日曜日)、「山口県読売駅伝2017」が開催されました。

 この駅伝は、萩市から山口市までの67.6kmを8人でつなぐもので、今回は県内から1部に6チーム、2部に7チームが参加。前回大会の成績に基づき、長門市チームは2部として出場しました。

 9時30分に萩市民体育館前をスタートした13チームは、国道191号線を走り、各中継所を経由して長門市へ。三隅の宗頭文化センター前には長門市唯一の中継所が設けられ、10時20分過ぎ、地区住民らの声援を受けながら、3区から4区の選手へとタスキがリレーされました。

 その後、選手は県道36号線を南下し、美祢市を抜けて、山口市の維新百年記念公園陸上競技場でゴールテープを切りました。今回は、山口市Aチームが3時間35分39秒の記録で優勝。長門市チームは、4区の岡野耕大選手が2部区間賞の活躍を見せるなど、レース後半になるにつれて順位を上げ、3時間46分40秒の記録で総合7位(2部3位)の結果に終わりました。