ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市観光案内所が移転

長門市観光案内所が移転

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月1日更新
2月1日よりショップ青海島の一画に移転した観光案内所

2月1日よりショップ青海島の一画に移転した観光案内所
職員2名が常駐し、観光案内などの対応を行う
温泉の素などの観光土産を取り扱うほか、観光パンフレットも設置
新たにクロスバイクや子ども用マウンテンバイク、電動アシスト付自転車のレンタサイクルを開始
今年10月にオープンする「センザキッチン」に向け、観光客へのおもてなしを高めていく

 JR山陰本線長門市駅と仙崎駅の2ヵ所にあった観光案内所が2月1日(水曜日)、青海島観光汽船乗り場近くのショップ青海島に移転しました。

 新しく移転した観光案内所では職員が9時から17時まで2名常駐し、年中無休で観光客に対応します。観光案内や観光パンフレットの配布、絵はがきや書籍などの販売、レンタサイクルの受付、各種申請業務を行い、長門市観光の情報発信拠点としてその役割が期待されています。また、移転にあわせてレンタサイクルの制度が充実され、新しいクロスバイクや子ども用マウンテンバイク、電動アシスト付き自転車の貸し出しも開始されました。

 この日、職員は観光パンフレットの設置やポスターの掲示といった施設内の飾り付けなど観光客を迎え入れる準備を行っており、「みなさまのお越しを心からお待ちしております」と意気込みを述べました。

 なお、JR長門市駅と仙崎駅にあった観光案内所は廃止となっており、JR長門市駅の観光案内所で受け付けていた美祢線利用促進事業の各種受付は、長門市役所商工水産課(長門市物産観光センター内)が窓口になっています。

 

長門市観光案内所
〒759-4106山口県長門市仙崎4297-6(ショップ青海島内)
Tel:0837-26-0708(9時~17時)
年中無休