ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「画家・香月泰男のことば」開幕

「画家・香月泰男のことば」開幕

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月20日更新
油彩画や水彩画など57作品を展示

油彩画や水彩画など57作品を展示
美術館内の壁面にも香月泰男画伯のことばが並ぶ
作品の横には香月画伯が残したことばを紹介するキャプション
「香月画伯の言葉には考えさせられるものが多い」と話す中野学芸員
萩焼深川窯の作家の作品に絵付けをしたものも展示

 1月20日(金曜日)、長門市三隅にある香月泰男美術館で新しい企画展「画家・香月泰男のことば」が始まりました。

 今回の企画展は香月泰男画伯の残したことばに焦点をあて、作品制作時の心境や香月画伯の人間性を残された言葉と作品を通して紹介する内容となっており、油彩画や水彩画、絵付けした萩焼など57作品が展示されています。「闘牛」と題された10点の作品には「もし人間であれば、男であればこんな命の絶ち方もよいではないかと、思われるほど明快な最後である。」と作品に込めた心情が紹介されているほか、館内の壁面にも香月画伯のことばが多く紹介されています。

 企画展を担当した中野学芸員は「これまで香月画伯のことばにはあまり注目されてこなかったが、考えさせられることばを多く残している。ことばを通して、香月画伯が惹かれていたものや描いた心情など作品の背景と一緒に鑑賞してほしい」と述べました。

 「画家・香月泰男のことば」は4月17日(月曜日)まで開催、開館時間は午前9時から午後5時まで、休館日は毎週火曜日となっています。また、学芸員によるギャラリートークが1月29日(日曜日)、2月26日(日曜日)、3月26日(日曜日)のそれぞれ午前11時から実施されます。