ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 湯本温泉の繁栄を祈願

湯本温泉の繁栄を祈願

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月1日更新
大寧寺の岩田住職からお祓いを受ける参加者

大寧寺の岩田住職からお祓いを受ける参加者
一年間の商売繁盛などを祈願
首脳会談や湯本温泉観光まちづくり計画など追い風に期待と伊藤理事長
市営公衆浴場「恩湯」でも清めの儀式が行われた

 1月1日(日曜日)、新年恒例の住吉神社への初参拝が行われ、湯本温泉関係者や市関係者らが出席し、1年間の商売繁盛などを祈願しました。

 湯本温泉は、応永34年(1427年)に大寧寺住職の定庵禅師が石の上で修行する住吉大明神と出会い、そのお告げで発見したと伝わる礼湯が起源で、山口県で最も古い温泉と言われています。この日は、大寧寺の岩田住職により今年1年間の商売繁盛、家内安全、五穀豊穣、心願成就、交通安全などが祈られ、そののち参加者全員でたくさんの人が湯本温泉に訪れることを祈りました。

 湯本温泉旅館協同組合の伊藤孝身理事長は、「昨年は日露首脳会談が開かれ、長門湯本温泉が全世界に発信された。その効果を期待し、一緒になって努力したい。」と今年の抱負を述べました。その後、恩湯に参加者全員で移動し、温泉にお神酒を捧げ、今年の安全と繁盛を祈りました。