ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 車いす仕様の福祉車両を寄付

車いす仕様の福祉車両を寄付

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月21日更新
ヤマネ鉄工建設株式会社から恵光苑へ福祉車両1台が寄付された

ヤマネ鉄工建設株式会社から恵光苑へ福祉車両1台が寄付された
恵光苑の梶山純子理事長は「大事に使わせていただきます」と答えた
車いすに座った状態での乗車を体験

 12月21日(水曜日)、ヤマネ鉄工建設株式会社から特別養護老人ホーム恵光苑へ、車いすに座った状態での乗車が可能な福祉車両1台が贈呈されました。

 同社では、地域貢献の一環として、市内で福祉・教育・医療に関する寄付などの取組を続けています。この日は、恵光苑の玄関前でレプリカキーを手渡すセレモニーが行われ、同社の鬼村成則経理部長は「地域に貢献することが会社の使命だと考えています。今日は苑生の皆さんの嬉しそうな表情を見て、こちらも嬉しい気持ちになりました」と話し、その後、恵光苑の梶山純子理事長が「苑生のために、大事に使わせていただきます」と答えました。

 その後は、実際に車いすでの乗車を体験し、「これでいろんなところに行くことができる」と苑生の皆さんは笑顔を見せていました。