ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ハーモニカでロシア民謡

ハーモニカでロシア民謡

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月16日更新
ロシア民謡2曲をハーモニカで演奏

ロシア民謡2曲をハーモニカで演奏
会場となった中央公民館ロビーには、利用者や地域住民など約40人が集う
この日は、7人のメンバーが計15曲を披露
「きまぐれカフェ」も同時に開設され、来場者は温かい飲み物を味わいながら演奏を楽しんだ

 11月16日(水曜日)、長門市中央公民館1階ロビーで、山口県ハーモニカクラブ長門ハーモニカサークルのミニコンサートが開催され、利用者や地域住民など約40人が来場しました。

 このコンサートは、ハーモニカの魅力をより多くの人に知ってもらおうと、県内各地で活動する同サークルによって企画されたもので、約1時間にわたり7人の演奏者が計15曲を披露。コンサートの中では、日露首脳会談が長門市で開催されることを受け、河野稔さんによって「カチューシャ」「泉のほとり」といった2曲のロシア民謡も演奏されました。

 同サークルの藤井巌代表は「地域の皆さんにハーモニカに親しんでもらう機会をつくることで、いつかは長門市にも活動の輪を広げていければ」と話し、ハーモニカを通して健康増進や地域貢献を図っていく新規メンバーの募集も呼びかけていました。

 この日は、長門市中央公民館が不定期にカフェメニューを提供する「きまぐれカフェ」も同時に開設。来場者は温かい飲み物を味わいながら、一緒に曲を口ずさみ、演奏を楽しんでいました。