ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ロシア訪問を前に市長記者会見

ロシア訪問を前に市長記者会見

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月11日更新
長門市を発信する絶好の機会と意気込む大西市長

長門市を発信する絶好の機会と意気込む大西市長
「安倍総理の地元らしい対応で会談を成功させたい」とあいさつ
レセプションで提供される長門市の特産品
現地では長門市の観光PR動画も上映される予定

 11月15日(火曜日)に在ロシア日本国大使館で開かれる「天皇誕生日祝賀レセプション」に出席する大西市長が11日(金曜日)、長門市役所で記者会見を開きました。

 「天皇誕生日祝賀レセプション」には長門市の大西市長や山口県の弘中副知事ら計8人が参加し、600人から700人程度招待されるロシア政官民各界のレセプション参加者を前に、長門市産および山口県産の特産品の試食・試飲や観光PR動画の上映やパンフレットの配布などにより、本市の魅力発信を行います。
 
 会見に臨んだ大西市長は「日露首脳会談の開催まで残り1ヵ月。安倍総理の地元らしい対応で会談を成功させたい。天皇誕生日祝賀レセプションは本市の自然、食、文化を発信する絶好の機会であり、県とともにしっかりPRしたい」と意気込みを述べました。

 大西市長ら一行は11月14日(月曜日)に福岡空港から仁川空港を経てモスクワ入りし、駐ロシア大使への面会やレセプションの参加などの公務をこなし、17日(木曜日)に帰国する予定です。