ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 都立八王子東高校が長門市を訪問

都立八王子東高校が長門市を訪問

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月10日更新
トラクターに乗って農作業体験

トラクターに乗って農作業体験
青海島共和国代表の濱野さんが歓迎のあいさつ
波止場で釣り体験
杵を使って餅つきを体験
地域住民に指導を受けながら魚のさばき方を習う

 11月10日(木曜日)、東京都立八王子東高校の生徒から約320人が修学旅行として長門市を訪れ、通・青海島・俵山の3地区で地域住民とともに体験し、交流する「ふれあい体験学習」を行いました。八王子東高校が就学旅行で長門市を訪れるのは平成23年、平成25年、平成27年に続いて4度目の訪問となり、他校も含めた長門市での修学旅行受け入れは今回で8度目となります。
 
 青海島地区では、青海島共和国が受け入れ団体となり、生徒は魚釣り、餅つき、塩づくり、流木アートづくり、農作業体験などに分かれて、地元住民に手順を教わりながら体験を楽しみました。昼食はやきとりやサザエ、イカ、魚などの海産物など、長門市の食材が提供され、地元住民と一緒に食べて交流を深めました。

 このほかにも通地区では、通鯨・ツーリズム推進協議会による魚釣りや地引き網、体験航海などが、俵山地区では、NPO法人ゆうゆうグリーン俵山によるそば打ちや郷土料理作りなどの体験が行われ、生徒は東京では味わうことのできない体験に、興味津々な様子で取り組んでいました。